1分でわかるヘレン

「すべての子どもが保育を受けられ、保護者が働くことを選択できる社会」を目指し、2014年に杉並区で1園目が開園しました。障害のある子の長時間保育を実現する日本で初めての保育園です。





なぜ、ヘレンが必要なの?

「待機児童問題」が騒がれる中、そんな待機児童にすらカウントされない子どもがいます。それは、重度の障害があったり、医療的ケアが必要な子どもたちです。それを「障害児保育問題」と私たちは呼んでいます。どんな子でも保育を受けられる権利がある。そう強く想い、ヘレンは開園しました。

「待機児童問題」が騒がれる中、そんな待機児童にすらカウントされない子どもがいます。それは、重度の障害があったり、医療的ケアが必要な子どもたちです。それを「障害児保育問題」と私たちは呼んでいます。どんな子でも保育を受けられる権利がある。そう強く想い、ヘレンは開園しました。

日本初の長時間保育

障害児保育園ヘレンの保育時間は
8時から18時半です。

既存の療育施設をはじめとして、これまで障害のある子が長時間利用できる施設はほとんどありませんでした。「すべての子どもが保育を受け、保護者が働くことを選択できる社会」を目指し、障害児保育園ヘレンは、長時間保育を実現します。仕事との両立のほか、介護やレスパイトが理由のご家庭もご利用可能です。

医療的ケアも対応可能に!

看護師、作業療法士、研修を受けた保育スタッフがチームを組み、子どもたちが安心して過ごせる体制を作ります。

経験を積んだ看護師がいるため、これまで預かりが難しかった「医療的ケア」を必要とする子どもの保育にも対応することができます。

「遊び」を出発点とした療育

ヘレンでは「遊び」を出発点とした、子ども自身が楽しみながら発達を促す「療育プログラム」を行います。

子ども自身が「楽しそう!」と感じ、新しいことにチャレンジすることをヘレンは大切にします。 また、ヘレンで過ごす生活のすべてにリハビリスタッフの視点を取り入れ、何気ない遊びの中にも発達の芽を育てていきます。

ヘレンの1日

ヘレンでは、個人に合わせた手厚い保育と集団のコミュニケーションを活かした保育を両立します。集団生活の中でも、クラス活動や食事などは、お子さんそれぞれのペースに合わせた保育をしていきます。

8:00 開園

10:30 朝の会

12:00 昼食

13:00 午睡

14:00 起床

15:30 おやつ

16:00 帰りの会

17:30 随時降園

18:30 閉園