ビジョン


ヘレンのビジョン・ミッション

障害のある子どもたち、自らの肯定感、未来への希望を持てる社会

障害のある子の親たちが、子育てと仕事を共に楽しめる社会

障害のある子どもたちの受け入れ先が極度に不足している「障害児保育問題」を解決する


ネーミング・ロゴにこめた想い

「ヘレン」ネーミングの由来障害がありながら社会運動家・女性運動家として活躍したヘレン・アダムス・ケラーのファーストネームを由来としました。彼女はこのような言葉を残しております。
「私は一人の人間に過ぎないが、
一人の人間ではある。
何もかもできるわけではないが、
何かはできる。
だから、何もかもはできなくても、
できることをできないと拒みはしない」

私たち自身が、ヘレン・ケラーのこの言葉を実践者でありたいという思いと、同時に障害のある子どもたちの無限の可能性を信じて、育んでいきたいという思いで名付けました。障害児保育園ヘレンは、障害のある子が、自らへの肯定感、未来への希望を持てる社会を創っていきます。


ロゴへの想い

気球のカタチをした障害児保育園ヘレンのロゴは、
私たちの強い想いから誕生しました。
名前は「ヘレン号」。
みんなからは、ヘレンちゃんと呼ばれています。
私たちは、3つの想いをヘレンちゃんに託しています。
子どもも大人もみんな空の下でつながっていること手助けがあれば、だれでも空を飛べることそして、
ヘレンちゃんに乗って、大空へみんなで飛び立とう!という願いです。


社会への願い

なぜ漢字表記の「障害」としているの?
障害の考え方には、個人の心身の不具合に問題があるので治療(=医療)が必要だとする「医学モデル」と、社会の側に物理的・制度的な問題がある ので社会を変えるべきとする「社会モデル」があります。 前者は【足が不自由なのは本人の問題だから治療が必要】と考え「障がい」と記載する のに対し、 後者は【足が悪いなら車いすを使えばいい、またスロープを設置するなど車いすで生活しやすい社会を作るべき】と考えるため、 漢字表記の「障害」を用います。 ヘレンでは後者の見地に立ち、障害があるのは子どもではなく社会であり、「障害」は社会を形容すると考え、この立場を明確化するために あえて「障害」と漢字表記をしています。

なぜヘレンは障害児専門なのか
「なぜ障害児のみを分離するのか」と、批判されたことがあります。 確かに、いつか全ての保育所と幼稚園で、健常児も医療ケアの必要な障害児も 関係なく受け入れられるような社会になれば、それは素晴らしいことでしょう。 しかしそれは、数十年の長い間、願われ続け、待ち続けられてきて、未だ実現してはいません。 理想を唱え、理想以外は行わない、というスタンス を、我々は取りません。 理想を見すえ、今できる一歩を、着実に歩んでいきたい。 でなければ我々は、百年後も今と同じ理想を唱え、願い、待ち続けていることでしょう。 「善きことは、かたつむりの早さで進む」 かつてガンジーはこう言いました。 我々も小さなかたつむりとして、理想に向け、 まず今できる 精一杯の歩幅で、歩んでいこうと思います。